THNK一級建築士事務所BLOG/建築家・大阪・新築・リノベーション

大阪を拠点に住宅や福祉施設等の設計監理を行うTHNK一級建築士事務所のブログです。
新築・リノベーションの現場の様子や日常の活動を紹介しています。
<< 住宅医としての古民家調査 | main | 大阪市西区ギャラリー『apina』 >>
大阪市西区ギャラリーの現場

 

現在、大阪市西区にて改修工事が進んでおり監理を行っています。この小さな平屋は、戦後に復興期に建てられたお好み焼き屋兼住宅だったそうです。お好み焼き屋を営んでいたおばさんの建物を相続で受け継いだオーナーは物置とされていました。しかし、建物が傷んできて近隣にも迷惑をかけてはいけない、ということで困っておられました。偶然、以前に大和郡山市で設計した「さくら舎」を見ていただき、この場所も改修で活用できるのでは、とご相談を受けました。

改修ありきということでもなく、オーナーご夫婦とこの場所の使い方について相談を重ねた結果、改修工事に至りました。

 

内部解体を行った後。

柱も一部抜いています。壊れないように仮筋交いで固めています。

 

基礎は延石やレンガに載っているだけで、不同沈下した様子もあったので、新たにベタ基礎を打設します。

 

解体前の調査で、ひどい所では40/1000もの傾きが生じていました。ジャッキアップにより9cm程かさ上げした部分があります。

 

既存の躯体には頼らず、新しいフレームを建てて補強を行っています。

 

床はベタ基礎をそのまま仕上げとして使うために、コンクリート打設時に砂利をまいて削り出しています。

もともと小さな建物なので1室的に広く使える、間仕切りなどはないシンプルな計画です。その分一つひとつの素材感が活きてくるように考えています。内部の大工工事が進んでいくと、外部関係の工事にも進んでいく予定です。

| 設計監理 | 04:00 | - | - |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
ARCHIVES